東京医科歯科大学出身による審美歯科・インプラント・義歯の専門医が「歯の健康美を保ちたい」綺麗に笑える素敵笑顔を作りたい」貴方を支援するオフィスです

一般的な手術の仕組み

「図説 顎骨にフィックスチャーと呼ばれるインプラント体を手術して埋入します。次にアバットメントという土台をインプラント体にねじ込みして、最後に上部構造という人工の歯を被せていきます。」

implant_guide_1

局所麻酔をした後、歯ぐきを切ります。そして顎の骨が見えるように歯ぐきをめくっていきます。

implant_guide_2

顎の骨をしっかり確認して、インプラントを入れる穴をドリルで削ります。局所麻酔がしっかりきいているので、痛みはほとんど感じません。

implant_guide_3

インプラントをいれる穴を適切な深さまで掘り進めます。深さは、手術前にとったCT写真で安全な深さをしっかり診断しています。

implant_guide_4

インプラントを顎の骨の中にいれます。

implant_guide_5

インプラントが骨にしっかりとくっついた後に、アバットメント(土台)を付けて歯を作っていく準備をします。

implant_guide_6

型とりをして、被せものをインプラントに被せます。

implant_guide_7

これで完成です。 でも、インプラント治療はこれで終わりではありません。ご自身の歯とインプラントの健康のために、お口の中のケアを患者さんと一緒に続けていきます。

implant_guide_8

インプラントの診断

お口の中のみならず、全身状態が非常に重要です。

全身状態についてしっかり問診をさせていただき、必要に応じてかかりつけ医師とお手紙のやりとりをする場合があります。

お口の中に関しては、顎の骨の幅、高さ、隣やインプラントの反対側の歯の様子をチェックします。顎の骨に関しては、CT写真の撮影を行い、より安心、安全なインプラント治療を心がけています。

ご予約・ご相談は TEL 045-332-5001 受付時間09:00~12:00/14:30~18:00

PAGETOP
Copyright © 医療法人 審美健康会 山本歯科医院 All Rights Reserved.