東京医科歯科大学出身による審美歯科・インプラント・義歯の専門医が「歯の健康美を保ちたい」綺麗に笑える素敵笑顔を作りたい」貴方を支援するオフィスです

どのくらい長持ちするの?

インプラント治療の歴史は古く - 逆に言えば、それだけ歯が無くなったことによって不便になったお口の中を元に戻したいという要望が大昔より多かったということになります。

義歯を使用したくない、義歯を口の中に嵌めていられない、という方は昔も今も少なくなかったことになります。

かといって嵌めていないで残った奥歯などに噛み合わせの力が集中するとその歯までもが歯周病が過度に進行したり、折れたりして壊れ、歯の寿命をいっそう縮めることになります。歯を抜いたままにしておくことはご自分のためにならないことは明らかです。

こういう場合、インプラントは、お口の中の状態をいい状態に保つためには切り札のような治療法になるはずです。

現代の治療水準が20年程前とは比較にならないほど進歩している現状では、手術の適用範囲も大幅に広がり、CTなどを診断に用いることからオペ自体の安全性も格段に上がりました。

新聞報道で知りましたが、一部に使いまわしインプラントなどという唾棄すべき、道義的に不埒な歯科医師もいましたが、そんな輩はもう二度と現れないだろうと思われるくらいに例外的です。人様の体の中にお入れするものを滅菌さえしない・・・そんな時代ではないですよ!

また手術の失敗・事故というのも、先ほどのCT撮影を基本的に行う手術体制下では、オペ前に骨の厚み・幅径・縦径がわかっているのでドリルを挿入する長さまでもが、術前の手術計画の段階で安全域を確保されていますので、オペレーターとしての私たち自身もかつての手術時より安心感をもってやれているのが本音です。

事故というのはわかっているデータを無視した思い込みや見落としから生まれますが、山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンターでは解剖的に問題が無い部分以外では、原則CT撮影しオペ計画をしっかり立てています。

どうかご安心なさってインプラント手術をお受けになってください。

実は、私(院長山本達郎)の父母にもインプラントを行い、それまでは大学病院時代に作った精密な義歯を使っていたのですが、「次元が違う。とても口の中にフィットしている」と言ってくれて、若い頃は義歯のスペシャリストを自負していた私は 内心 微妙な気持ちになりました。

ただ、親という率直な評価モニターがそういうわけですから 素直にインプラントの義歯に対する優位性を認めざるを得ないようになりました。 インプラントに対する偏見や費用的負担の大きさなどの問題点がありますが、お口の問題があまり大きくならないうちにわずかな数のインプラントが他の自分の歯の寿命を延ばすことにつながりますので、是非検討なさった方がいいと思います。

因みに私の母は亡くなるまで私の入れたインプラントでしっかり食事していました。つまりインプラントが死ぬまでもったことになります。

ご予約・ご相談は TEL 045-332-5001 受付時間09:00~12:00/14:30~18:00

PAGETOP
Copyright © 医療法人 審美健康会 山本歯科医院 All Rights Reserved.